わたくしがリフォームで提案書を持ってきたら
*
ホーム > 美肌 > 肌の乾燥の保湿ケア方法

肌の乾燥の保湿ケア方法

化粧品で保湿ケアをしてもすぐに乾燥してしまうのであれば、間違った方法でスキンケアしているかも知れません。お肌の水分不足の対策として、保湿成分が配合された基礎化粧品でのケアを毎日行っているにもかかわらず、皮膚の乾燥状態が改善しないという人は多いようです。肌のバリア機能が損なわれているために、乾燥が進むということがあります。乾燥肌は、肌本来が持っているバリア機能が低下しているために、水分が蒸発しやすい状態になっています。保湿ケアだけではバリア機能は回復しないので、肌の乾燥が防げません。皮膚のバリア機能を意識しながら、基礎化粧品を用いたケアをすることが大切です。化粧品をつけるときに、肌に浸透させるために擦り付けたり、強い力でマッサージをしている人は要注意です。肌表面の角質層は非常に薄くなっており、この薄い角質層がバリア機能の役割を担っています。スキンケアをするときには、決してこすらないようにして、常に優しく扱いましょう。化粧水をお肌につける時にコットンを使う人は、コットンにたっぷりと化粧水を染み込ませて、コットンのけばが経たないようにします。手のひらは、コットンを利用するよりも肌に優しいですが、コットンを使う時はそっと触れるようにパッティングをします。手の平を使う時は、化粧水を手の平に広げてから顔にあてて、全体に浸透させます。スキンケアを行う時に摩擦が発生するといけないということは、乳液や、美容液を使用する時も同様です。強くこするようなスキンケアをしていると、肌のバリア機能は壊れてしまいますので注意が必要です。 SONOKOホワイトニングジェルの口コミ効果

タグ :